ホーム > 会社案内 > 沿革

会社歴史

2014年

・旭平硝子加工株式会社 創業90周年

・株式会社ディー・アール・エス 設立10周年

2000年代

    ・李山物流拠点化

    ・海外物流サービス開始

    ・FPD製造技術展出展

    ・株式会社ディー・アール・エス発足

    ・米沢李山作業所開設

    ・ケース・カーゴ等の開発・製造開始 ( 液晶、有機EL、PDP、太陽電池)非接触型基板搬送用ケース(2001年)

    ・『ドーナツ基板の円孔研削工具』(特許3061605)及び『ドーナツ基板の研削工具』(特許3099216)特許取得

    ・眞球度60Å(オングストローム)以下のボールレンズ開発に着手

1990年代

    ・『中小企業創造活動促進法(創造法)』東京都より認定企業として認定を受ける。 【労経計創第251号】

    ・幕張メッセ『グラステツクジャパン‘92』に出展

    ・国内外で取得した特許に基づく、一方向孔あけ加 工機及びダイヤモンド・コアードリルの開発、販売開始

1980年代

    ・愛川工場開設

    ・米沢事業所開設、米沢芳泉作業所開設

    ・液晶硝子加工の一貫作業開始

    ・硝子基板搬送用ケース作業開始

    ・液晶用硝子基板の切面〜成膜(ITO)加工開始(1981年)

    ・各種特殊ガラス研磨加工開始

1960年代

    ・有限会社旭陽硝子加工所設立

    ・TV用無反射硝子加工及び建築硝子の施工開始

    ・旭栄研磨加工株式会社発足

    ・メガネレンズの研磨加工を開始

1959年 (昭和34年)

    ・川崎事業所開設、旭平硝子加工株式会社に社名変更

    ・自動車用硝子切面孔あけ加工開始(1959年)

1924年 (大正13年)

    ・横浜市鶴見区に合資会社「平林硝子加工所」を創立

    ・旭硝子(株)の協力工場として板硝子の摺り加工を開始(1924年)